環境デザイン領域

環境デザインとは「環境をデザイン」することだろうか?それは不遜な考えであろう。強いて言えば「環境とデザイン」する方法を模索することである。イアン・マクハーグの著書に“Design with Nature(1969)”があるが、このNatureをEnvironmentに置き換えてもよい。軸足を建築・都市・造園・土木のデザインのいずれかに置きながら、そこに生態学・心理学・生物学・考古学・地理学・情報学などの方法論を導入して、都市・農村・自然と人間の関係の調和を図ることを目指している。そのためには、既成の概念・領域や方法論にとらわれることなく、柔軟にかつ具体的に改善策を提案してゆかなければならない。ともすれば、「環境デザインは何をやっているか分かりにくい。」と言われる中で、勇気を持って独自の課題に取り組む人材を求めている。これまで、デザイン・理科・文科系を問わず、様々な国・大学・学部から進学・修了しており、環境デザインの視点を活かした成果があがりつつある。

修了生の進路

大学教員(筑波大学・大阪工業大学・名古屋市立大学・明治大学など)公務員・行政法人・財団(国土交通省・厚生労働省・福島県・新潟市・横浜市・広島市・都市再生機構・都市緑化技術開発機構・公園緑地管理財団など)各種企業(建築設計/都市計画/ランドスケープコンサルタント・建設/不動産会社など)自営設計事務所(建築/WEB/色彩デザインなど)

主な修了生
H17 石河 孝浩 株式会社丹青社
H19 竹内 淑恵 横浜市役所
H20 小林 綾 株式会社日建設計総合研究所
H20 林 匡宏 株式会社北海道日建
H21 田中 佐代子 カフェ・カンパニー株式会社
H21 小林 匠 株式会社オリエンタルランド
H22 比嘉 栄太朗 株式会社日比谷アメニス
H22 曽根川 歌織 長野県東御市役所
H22 上田 恵佳 福岡県柳川市役所
H23 下山 万理子 株式会社都市環境研究所
H24 大島 卓 札幌市立大学デザイン学部講師
H27 竹淵 翔太 株式会社星野リゾート
© Copyright - Art and Design, University of Tsukuba