一級建築士,二級建築士・木造建築士の受験資格取得について

芸術専門学群では,建築士試験の受験資格を取得することが可能です。

建築士試験の受験資格は,平成21 年度入学者から国土交通大臣が指定する建築に関する科目(「指定科目」)を含めて卒業した者であって,卒業後,建築に関する実務として国土交通令で定めるもの(「建築実務」)の経験を《所定の年数》年以上有する者に変更されました。
したがって,各自が履修した「指定科目」の習得単位によって,必要となる建築実務の経験年数が異なり,その修得単位数によっては受験できない場合もあります。

芸術専門学群においては,開設授業科目を所定の単位数以上を修得することにより,建築実務の経験が《所定の年数》以上であれば《一級/二級・木造》建築士試験を受験することができます。

受験資格の詳しい条件については、入学年度ごとの『履修要覧』の「教育職員免許状等の資格取得に必要な科目の履修方法」「芸術専門学群の指定科目に対応する開設授業科目」を参照してください。